ボードゲーム中の口三味線は許されるか

【議論】ゲーム中の三味線(≒無駄口)について【ボードゲーム】,新発売情報とか雑談とかプレイ感想とかコラムとオタクニュース一般も

情報源: 【議論】ゲーム中の三味線(≒無駄口)について【ボードゲーム】: アナログゲーム・ボードゲーム速報

くち‐じゃみせん【口三味線】 の意味
出典:デジタル大辞泉
1 口で三味線の伴奏をまねること。くちざみせん。
2 口先で相手を巧みにだますこと。しゃみせん。くちざみせん。

いわゆるボードゲームを遊んでいる時にゲームのルール上は許可が明記されていない発言が許されるか?という問題。ここでいう発言とはつまるところハッタリだったりサグリだったりブラフだったりアオリだったりと多岐の意味合いを持つ。

自分はボードゲームの楽しみはコミュニケーションであると考えるので会話を制限する事は好きではない。ゲームのバランスが崩壊しないのであれば何を話してもいいんじゃないかな。『但し』ハラスメントと同じで『相手が不快に感じたらアウト』だと考えるべきでしょう。基本的に口三味線はゲームの有利不利に影響を与えないはずですが、結果的に口三味線をされた人が負けてしまった場合「ハメられた……」と嫌悪感を感じる可能性もあります。

ボードゲームは人と人とのやり取りである以上、相手の気持を考えながらプレイすることが大切です。みなさんもボドゲハラスメントには気をつけて楽しいボドゲライフを!

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR