漫画に登場するボードゲーム「マケドニア将棋」

ヒストリエという漫画の新刊(10巻)が発売されました!

ということでなんとなくマケドニア将棋のことを思い出しましたので紹介します。大凡のルールは上記のリンクに記載されています。要は漫画の中で登場した(架空の)ボードゲームということになります。架空ではあるのですが限定版コミックでは実際にマケドニア将棋が付録として付いており架空ですが実在します(?)。

フィクション作品内で架空のボードゲームが登場する作品は結構ある気がしますが、とりあえず記憶しているのは銀河英雄伝説の3次元チェスぐらいですね。この手の架空ゲームは2種類あって、「ルールまで作りこんでいるもの」か「ルールは不明で物語の小道具レベル」に分かれます。3次元チェスは後者ですね。マケドニア将棋はルールも作成されているので前者になります。

ヒストリエは連載が遅いことで有名ですが、このマケドニア将棋が登場した時は「ルールを練っていたから執筆が遅れたのでは?」とファンの中で噂されたとかされなかったとか……。まあルールはそこまで複雑ではないですし執筆も例年遅いのでそんなことはないと思います(笑

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR