コンピューター(AI)が将棋に関して人間を完全に超えてしまったらどうするか?

「将棋電王戦 ソフトが名人破る」「将棋電王戦 佐藤名人が人工知能に敗れる」4月1日の夜、第2期電王戦・第1局が終局を迎えるやいなや、ニュースはいち早くこの言葉を並べた。

現役名人がソフトに敗北。近年のコンピュータの進歩を考えるとそれほど驚くニュースではないかな。ハード的な面でもソフト的な面でもその進化は目を見張るべきものがあり、いつか将棋に於いて人間のトップクラスを凌駕することはそう遠くないと思ってました。

そもそも零和完全情報ゲームである以上、コンピュータの計算速度が上がり続ければいずれはそのゲームのすべてが解明されてしまいます。そうなれば人間はそのゲームに対してコンピュータに勝てなくなってしまう。これは別にそのゲームに非があるわけではなく、仕方ないことなのです。

仕方ないことなのだけれど、矢張りそれは切ない感じがします。人間の歴史あるゲームに関して人間がコンピューターに負けてしまうのはなんだかやるせない感じがします。そのことについてプロはどう思っているのか……?あの羽生さんは非常に興味深いコメントをしていました。

「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。

相手が強くなればなるほど、将棋が難しくなればなるほど決まって羽生は嬉しそうに見える。ではなぜ羽生は強くなる一方のコンピュータに対して何も恐れないのか。それはあるインタヴューでの答えの中にある。

将棋がコンピュータによって完全解明されてしまったら、どうするんですか。という質問に、羽生はケラケラ笑いながらこう答えた。

「そのときは桂馬が横に飛ぶとかルールを少しだけ変えればいいんです」

その瞬間に将棋は新しい命を与えられ、なにもかもが一からやり直しになる。天才の視野にはそんなことさえ映っているのである。

感動してしまった。なるほどなぁ。結局はイタチごっこになるけれど、コンピュータに越されてしまったら、今度はまた新しい歴史を作っていけばいい。またゼロから人間とコンピューターで鎬を削っていけばいい。流石羽生さんですわ。

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR