AbemaTV企画「炎の七番勝負」最終戦!藤井四段 vs 羽生三冠の結果はいかに?

去年、史上最年少で将棋のプロ棋士となり、デビュー戦からの連勝記録を更新している愛知県の中学3年生、藤井聡太四段が、23日夜、インターネットテ…

情報源: 将棋 中学生の藤井四段が羽生三冠を破る | NHKニュース

炎の七番勝負もいよいよ最終局。将棋界の絶対王者とも言える羽生善治三冠が最後の対戦相手だ。羽生は15歳

abemaTV1周年企画、中学生藤井君が先輩棋士7人と対戦する「炎の七番勝負」。遂に最終戦ラスボス羽生善治三冠との戦いとなりました。正直どちらにも負けてほしくないという気持ちでした。そして結果は……なんと中学生棋士藤井四段の勝利!恐るべしというか末恐ろしいというか中学生にしてあれだけ冷静にして隙のない将棋が打てることに脅威を感じてしまいます。

公式戦ではないと言え将棋界のスター羽生さんに勝利してしまった。手を抜いたというわけではないでしょう。公式戦でも藤井四段は13連勝中でありその実力は確かなものです。とはいえ、7番勝負の先輩方もある程度「実力を試しにいった」部分はあるのではと考えてしまいます。中学生が6勝1敗……その成績はそう考えてしまうほど、にわかには信じがたいものです。

公式戦での今後の活躍、そしてタイトル戦、藤井四段の歴史はまだ始まったばかり。これからが本当に楽しみですね!

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR