「Truth Untruths(トゥルー・アントゥルース)」のルール補足

国内最大規模のアナログゲームイベント『ゲームマーケット』公式サイトです。

情報源: Truth UntruthsのQ&A(ルールなどの細かい注意点) | 楽カフェ・ゲームズ | ゲームマーケット

ゲムマ2017春で購入させて頂いたさんの「Truth Untruths」について、先日気になった点などをいくつか当ブログに書かせて頂きました。すると非常にありがたいことに補足の記事を掲載いただけましたので紹介させて頂きます。ルールなどで気になっていた点を全て補完頂いており、モヤモヤをスッキリ解消できました!

Q:誰かがライフが0になるまで…と書いてあるので1人負けのゲーム?
A:はい、Truth Untruthsは1人負けを決めるゲームです。
作者コメ:個人的には負けを決めるというより、生き残りのゲームだと思ってます☆また、なぜ生き残りゲームにしたかと言うと、一人勝ちを決めるよりも、「負けなければいい」「生き残ればいい」というゲームの方が、多彩な戦略が生まれやすいという経験があったからです。

生き残れば勝ち!という感じのようですね。そうなってくるとライフの価値や使い方も変わってくるかも?前回は1人勝ちでプレイしてしまったので、次回は1人負けを意識してプレイしてみたいと思います。ただ、プレイ人数によってカード枚数の相場観や見えてくる情報量の割合も変わってくるので、1人勝ちのルールも悪く無いように思えました。これはプレイメンバーやダウンタイム具合と要相談ってところですね。

Q:ライフカードを使う=ライフカードを場に出すこと?が読み取りづらい
A:大変失礼しました。ライフカードを使う=ライフカードを場に出すことです。作者コメ:命を賭ける=ライフカードを場に出すことであってます。使用のタイミングも数字と枚数を宣言する前なら基本いつでも大丈夫です。さらに、一度に使うライフにも上限はありません(ライフが2枚なので実質2枚が上限ですが)このゲームは基本のルールにライフを使えるというルールがプラスされているので、もっとわかりやすく伝えられればと思います!

遊んでたルールが合っていたようで安心しました。手札からカードを出した後(手札の代わりにではなく)にライフの使用を宣言だったので、ライフカードを即時に出していいものなのかちょっと不安になっておりました。つまるところ、手札からJOKERを出す⇒ライフを2枚出す、で山札から5枚手に入れられるということですね(これが結構このゲームのミソだと思う)。

Q:ライフ2枚の時、ライフ2枚を使用した場合のアウトとライフ1枚を使用してのアウトはどちらもゲーム脱落で差はない?
A:ライフを1枚使った時に失うライフはその使った1枚だけです。作者コメ:ライフは1枚使って「アウト」と宣言するかされて失う時と、使わずに失う時はどちらも1枚です。つまり1ライフまでは、リスクはないです。

そうだったかー!となるとライフを1枚かけてもアウトでも、失うライフが1ならば、賭けなきゃ損損……って気持ちになりますね。積極的にライフを賭けさせたい……という作者様の意図がなんとなく伝わってきます(笑

では、これらの補足を踏まえ、また次回のボドゲ会で遊んでみたいと思います!

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR