GoogleのAIが世界最強棋士に3連勝し囲碁引退

中国で行われた囲碁のコンピューターソフトと、「世界最強」とも言われるトップ棋士の3番勝負は、27日に最後の対局が行われ、すでに勝ち越しを決め…

情報源: 囲碁 AIと世界最強棋士の対局 AIが3連勝 | NHKニュース

柯九段は数々の国際タイトルを獲得し、世界最強とも呼ばれていて、今回の対局は、人間の棋士と人工知能の頂上決戦と言われ注目されていましたが、結果は人工知能の3連勝となりました。

世界最強の囲碁棋士がGoogleのAI「AlphaGo」に完全敗北したというニュースが話題になってますね。幾ばくかの衝撃を覚えつつも、いつかはそうなるだろうという予測もあったし「とうとう来たか」というのが率直な感想です。

人類の知能に於ける戦いとして「囲碁」は頂点と言えるでしょう(異論はあると思いますが、もっとも分かりやすい頭脳戦としては頂点だと思います)。その囲碁で人類はついに破れました。誰もが心の片隅では「単純な計算を超えた世界での頭脳戦ならば人類はコンピュータに勝っているはず」という思いがあったのではないでしょうか。しかしながら、コンピュータは目まぐるしく成長し、もはやゲームに限らず芸術や心理戦に於いても人類を凌駕しつつある存在になってきています。

世界最強囲碁棋士への勝利はひとつの通過点であり、節目と言えるかもしれません。ここからAIは新たなステップへ進んでいくでしょう。だからこそAIはこれを機に囲碁を引退したのだと思います。とはいえ、囲碁がこれで終わったというわけではありません。これは以前のAIと将棋に関する記事でも述べてます。

コンピューター(AI)が将棋に関して人間を完全に超えてしまったらどうするか?
現役名人がソフトに敗北。近年のコンピュータの進歩を考えるとそれほど驚くニュースではないかな。ハード的な面でもソフト的な面でも...

AIに負けたからこそ人間も新たなステップへ進んで行けるのではないかと思います。そうやってAIと人類がともに豊かな世界を作っていくことが今後の目標と言えるでしょう。今回の決着は、その未来への大きな布石であったと、自分はそう思います。

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR