協力型謎解きボードゲーム「タイムストーリーズ」の感想でも

ボードゲームの総合情報サイト「ボドゲーマ」では、会員が投稿したタイムストーリーズ(T.I.M.E STORIES)のボードゲーム紹介文・レビュー・リプレイ日記・戦略・商品情報等を見ることができます。

結構巷を騒がせている注目ボドゲ「タイムストーリーズ」。以前、「謎解きはボドゲなのか?」という命題を掲げたりもしましたが

ゲームマーケットで買ってみた謎解きゲーム「退屈研究所からの手紙」
国内最大規模のアナログゲームイベント『ゲームマーケット』公式サイトです。 情報源: 日常系謎解き『退屈研究所からの手紙』 | CRIMAG...

とうとう「謎解き」はパッケージ化されるような豪勢なゲームが発売されるまでになりました。それがこのゲーム「タイムストーリーズ」です。

みんなで協力して謎を解いていくゲームとなっており、一度プレイしたらもうその人は遊べません……。結構な値段なのに1回遊びきりというところに衝撃を受けます。謎解きであるためネタバレはご法度でありネット上でもあまり感想やレビューは見かけにくくなっております。自分も内容にはあまり触れずシステム的なところについてだけ率直な感想を述べたいと思います。

TRPG+ゲームブック+謎解き

サイコロを使った行為判定だったり戦闘はTRPG的であり、カードの指示に従って進んでいったり選択していく感じはゲームブック的であり、謎解きは謎解き……といった感想を受けました。だいたいこの表現でどんなゲームかイメージできると思います。自分は謎解きを楽しみにしていたのですが、謎解き自体の要素は少なめだったので少々物足りなかったかな。

時間制限というルールとタイムループという設定は非常によくできていて、「さっきはこっちを選んだけど、あっちを選んだらどうなるかな」という楽しみがありました。でも、もう少しこのシステムを活かせなかったものかな……うまく言えないけれど、物足りないというか予想の範疇でそれを超えてこなかったという感じでした。

あと、ルールが少し複雑すぎだと感じました。このゲームをプレイしようとしている人たちは「早くその世界に突入したい!」と思ってるはずです。わくわくしながら待ち焦がれている状態です。にもかかわらずルールの説明を長々と聞かされるのは熱い気持ちに水を差すようで非常によろしくないと感じました(まあインストのやり方次第かもしれませんが)。もう少しシンプルにしても良かったんじゃないかなと。

もちろん評判通り十二分に面白いゲームなんですが、自分としては思っていたのとちょっと違っていたかなというのが感想です。このボドゲとしての新しさはとても評価できますし今後の発展に期待していきたいと思います。

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR