Steamのローグライク&デッキ構築カードゲーム「Slay the Spire」をはじめてみた

Steam:Slay the Spire

ローグライクなカードゲームを作りたいなと思っていたところ、思い浮かべていたものにかなり近いSteamのゲームを見つけてしまったので早速はじめてしまった。ゲーム作りに悩んだ時は実際遊んでみるが一番!

『Slay the Spire』は、カードを主体とした、ローグライクゲームです。ボスを目指して敵と戦い続け、その過程でデッキを組んでいくという、デッキ構築型のようなゲーム性を持っています。日本語も搭載しており、ルールもわかりやすい。何度もプレイしたくなる中毒性を持つ作品です。

ローグライク+デッキ構築なゲームです。不思議のダンジョンのような毎回ランダム性のある敵やイベントやアイテムが現れるゲームであり、ドミニオンのようなデッキ構築システムで攻略して行くゲームになります。不思議のダンジョンとドミニオン・・・どちらも自分の大好物であり飛びつかずにはいられないゲームですね。

基本的には手札のカードをコストを支払って使用していくというTCGによくあるスタイルです。加えて、ゲーム途中で手に入れたカードをデッキに組み込んでいったり、山札がなくなると捨て札をシャッフルし山札を作り直すというデッキ構築お馴染みのシステムになっています。

デッキをどうやって整理していきながらキャラクターを強化していくのか。どのような希少なアイテムやイベントと出会えるのか。そして「どれだけ死ねるのか」・・・楽しみなところです!

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR